2013年11月10日日曜日

秋の期間限定メニュー


この秋の期間限定メニュー  テーマは ~きのこ料理~

☆エリンギと長芋と牛肉の炒め

  きのこは「 エリンギ 」を使い、そこに長芋と牛肉を加え、生姜ダレで仕上げた1品
  長芋は収穫後の熟成期間を経て、今が一番おいしい季節です。生姜で体も温まる!

☆しめじと銀杏と海老の炒め

 使用するきのこは「 しめじ 」、秋の風物詩である銀杏と海老を加えて、塩味であっさり
 した1品。 しめじはコリコリ 銀杏はモチモチ 海老はプリプリ、それぞれの歯ごたえを
 お楽しみください!

☆干し椎茸と鶏肉の炒め

 きのこは「 干し椎茸 」、椎茸は干すことで、香りと旨みがより増幅されおいしくなります。
 時間をかけて水で戻し、鶏肉と彩り野菜を加えて、醤油ベースでまとめた1品
 干し椎茸の濃厚な旨みを味わってください!




以上、旬の食材を使った3種類のキノコ料理をご用意いたしました。
12月中旬までの期間限定ですので、是非この機会に御賞味ください。
 ※(食材が入荷できなくなった場合、予定より早く終了する場合がございます。)




~中国のキノコのお話~

 中国では、きのこは古くから食材や漢方薬のなどとして、数多く使われています。
 世界中に存在するきのこは約7000種もありますが、なんと中国ではその内の
 360種余りが食用や薬用とされているとのこと。

 中国でよく食べられているきのこを少しご紹介したいと思います。





 黒木耳(くろきくらげ)
 クラゲというワードと食感、透明感のある見た目から海藻類の一種と誤解されて
 いることも多いですが、これも立派な陸のきのこです。
 中華料理でよく使われており、当店でも御賞味いただけます。




白木耳(しろきくらげ)
 こちらは白い木耳、同じく陸のきのこです。色だけでなく形状もやや異なっています。
 白く透き通った見た目と、癖の少ない味であることから、デザートなどにも良く使われています。
 
    
衣笠茸(きぬがさたけ)
 まるでレースの衣装を着ているかのようなきのこ、日本ではなかなかお目にかかれない
 珍しいきのこですが、中国では栽培されており、食材として出回っております。
 竹林で生えていることが多く、「竹孫」 という名前をもっています。






冬虫夏草(とうちゅうかそう)
 その昔、冬は虫の姿で過ごし夏になると草になる不思議な生き物がいると考えられていました。
 これは生きた虫に寄生し、繁殖して きのこ になる特殊なきのこの仕業だったのです。
 中国では漢方薬、美容用品として利用されています。




この他、まだまだたくさんの種類のきのこが食べられています、いつかは360種のきのこを
すべて制覇してみたいものですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿